石油会社を退職し医学部へ再入学。外科・救急研修を経て心臓血管外科の道へ。国内最短期間で心臓血管外科専門医を取得し、現在、主任外科医として年間150件以上の手術を担当しています。

ただ命を救うためだけに手術をするのではなく、手術後には家族とゆっくり過ごしたり旅行に行ったりなど、手術を受けられた患者さんが再び手にした時間をより幸せに過ごせるように、心臓血管外科医としてお役に立てればと思っています。

奈良原 裕 Yutaka Narahara

 PAGE TOP